本文へ移動

研修のご案内

神奈川産業保健総合支援センターでは、企業の産業保健活動に携わる産業医、産業看護職、衛生管理者をはじめ、事業主、人事労務担当者などの方々を対象として、産業保健に関する専門的・実務的な研修(認定産業医研修・産業保健セミナー・産業看護職研修・交流会等)を実施します。
 
※お申込みは、各研修・セミナー・交流会の「申込」ボタンをクリックして下さい。
◇◆◇◆◇外部会場◇◆◇◆◇

事業場における治療と仕事の両立支援促進セミナー

《対象:事業主、労務管理・安全衛生管理担当者、産業保健関係業務従事者など》
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 

2020/1/17(金)
13:30~17:00

横浜第二合同庁舎1階

共用第1会議室

(横浜市中区北仲通5-57 )

120

FAXにて神奈川労働局健康課にお申込ください
研修内容
「病気になっても安心して働き続けることができる社会の実現に向けて」
①治療と仕事の両立支援を進めるために~職場・医療機関・支援機関それぞれの調査から見えてきたこと
北里大学医学部公衆衛生学教授・医学博士 堤 明純
②がん等治療と仕事の両立支援~就労継続のためにすぐにできること~
日本キャリア開発協会(JCDA) 治療と仕事の両立支援プロジェクトリーダー キャリアコンサルタント 砂川 未夏
③中小企業における治療と仕事の両立支援の実践~これまでの取り組みと今後に向けた課題~
藤沢タクシー(株)代表取締役社長 看護学博士 根岸 茂登美
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 
参加者には「就業規則・規程例集」と社会保険労務士・作成の「チェックリスト」を差しあげます
 

2020/2/14(金)
13:00~17:00

神奈川中小企業センター

第1・2会議室

(横浜市中区尾上町5-80 )

120

研修内容
今日から始めるもう1つの働き方改革「治療と仕事の両立支援セミナー」
中小企業の事業主・担当者の方 必見!~社員から突然「病気になった」と告げられた時、『何をすればいいのか』に応えます~
①「(仮)最新のがん治療を知る」
(学)聖マリアンナ医科大学 医学部 医学科 臨床腫瘍学講座 講師
聖マリアンナ医科大学病院 腫瘍内科 主任医長 医学博士 伊澤 直樹 氏
②「中小企業における働き方改革とは~なぜ治療と仕事の両立支援が必要なのか~」
神奈川産業保健総合支援センター 労働衛生専門職 高山 博光
③「がんになっても働きたい 上司の気持ち 部下の気持ち~がん経験者による両立支援の実際」
頭頸部がん患者と家族の会 Nicotto 清水 敏 明 氏
④「ガイドラインに沿ったチェックリストと就業規則・規程例のポイント解説」
神奈川県社会保険労務士会・治療と仕事の両立支援研究会 社会保険労務士 渡邊 由希子
⑤ワーク/トークセッション
「事例から考える両立支援」~事例をもとに、自社で何が取り組めるかを考え、他社の取組を知り
両立支援の現場を知る-がん経験者、産業保健総合支援センター・産業保健専門職、社会保険労務士
によるトークセションから自社の取組に関する気付きを得てもらう
・頭頸部がん患者と家族の会 Nicotto 清水 敏明
・神奈川県社会保険労務士会 治療と仕事の両立支援研究会
  社会保険労務士(神奈川産業保健総合支援センター・両立支援促進員)吉岡 祐理子
  社会保険労務士 渡邊 由希子
・神奈川産業保健総合支援センター 産業保健専門職 西尾 泉

認定産業医研修会

《対象:日本医師会認定産業医資格を更新されたい方》
*認定産業医研修会における 遅刻、途中退場は単位認定ができませんのでご注意ください。
◇◆◇◆◇センター内研修室◇◆◇◆◇
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 日本医師会
認定産業医研修会
 
神奈川県医師会、産業医部会員を優先します。 
 
〈健康診断結果の活用シリーズ②〉
産業保健セミナーを兼ねて開催します
2019/12/10(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
受付終了
研修テーマ・講師
単位数
「健康診断結果を活かした『認知症対策』
認知症・発症にかかわる要因として”インスリン抵抗性”に着目し、健康診断結果からみてとれる認知症・発症、抗酸化作用の低い食事や適度な運動など、インスリン抵抗性の改善に向けた「認知症」予防対策について説明します
神奈川産業保健総合支援センター 産業保健相談員 倉田 達明
生涯研修
専門 2単位
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 日本医師会
認定産業医研修会
 
神奈川県医師会、産業医部会員を優先します。
2020/1/8(水)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
単位数
「最近の労働衛生行政について
働き方改革関連法により、産業医・産業保健機能の強化のため労働安全衛生法が改正されるなど、最近の労働衛生行政について説明します
神奈川産業保健総合支援センター 産業保健相談員 中山 絹代
生涯研修
更新 2単位
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 日本医師会
認定産業医研修会
 
神奈川県医師会、産業医部会員を優先します。
 
〈健康診断結果の活用シリーズ③〉
産業保健セミナーを兼ねて開催します
2020/1/15(水)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
受付終了
研修テーマ・講師
単位数
「健康診断結果を活かした『脳卒中対策』」
HbA1C値、高血圧や糖尿病、冠静脈疾患やその家族歴、加齢や喫煙習慣、低HDL-C血症などの危険因子の関連からLDC-C/HDC-C比の目標値をいかに診断すべきかなど、健康診断結果からみてとれる脳卒中(脳血管疾患)発症の徴候と予防対策について説明します
神奈川産業保健総合支援センター 産業保健相談員 倉田 達明
生涯研修
専門 2単位
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 日本医師会
認定産業医研修会
 
神奈川県医師会、産業医部会員を優先します。
2020/1/23(木)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
受付終了
研修テーマ・講師
単位数
「休職と復職を繰り返している労働者の産業医としての対応
休職と復職を何度も繰り返す労働者を対象に、産業保健職と連携した産業医のかかわり方について、事例検討を行いながら説明します
神奈川産業保健総合支援センター 産業保健相談員 伊藤 裕康
生涯研修
実地 2単位
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
 日本医師会
認定産業医研修会
 
神奈川県医師会、産業医部会員を優先します。
2020/1/30(木)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
単位数
「中小企業事業場(主に建設業)における健康管理(健康診断のデータに基づいて)
健康診断のデータを基に、建設業などの中小規模事業場における健康管理について事例検討により説明します
神奈川産業保健総合支援センター 産業保健相談員 中尾 誠利
生涯研修
実地 2単位

産業保健セミナー

対象:職域で産業保健かかわるスタッフ・人事労務担当者・衛生管理者ほか》
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2019/12/12(木)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「治療・仕事の両立を抱える患者・労働者の経済的負担を軽減する社会保障制度について」
 
YORISOU社会保険労務士法人 代表 社会保険労務士  松山 純子
 
体調にあった働き方を選択し、長く働くための社会保障制度(障害年金を中心に)や職場環境の作り方について説明します。あわせて、病気と仕事の両立を相談された時、押さえておきたいポイントも説明します。
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー 
 
〈管理監督者向けセミナー〉
2019/12/13(金)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「管理監督者向けメンタルヘルス教育」(ラインケア)
 
神奈川産業保健総合支援センター
メンタルヘルス対策促進員 金子 由美子
管理監督者は、部下である労働者の状況を日常的に把握しており、個々の職場における具体的なストレス要因を把握し、その改善を図ることができる立場にあることから、メンタルヘルス教育の継続的な実施を普及させるため、管理監督者に対してメンタルヘルス教育のデモンストレーションを行います
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2019/12/18(水)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「心の健康づくり計画・ストレスチェック研修会」(助成金申請手続説明会)
神奈川産業保健総合支援センター
メンタルヘルス対策促進員 永島 直美
国の指針を踏まえた「心の健康づくり計画」及び「ストレスチェック実施計画」の策定と運用の具体的方法のほか、産業保健関係助成金の申請手続に関する留意点について説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2019/12/19(木)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「健康情報等の適切な取扱いとその対策」
~改正・個人情報保護法(平成27年)の概要、「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」、「事業場における労働者の健康情報等の取扱規程を策定するための手引」について~
神奈川産業保健総合支援センター
労働衛生専門職 高山 博光
平成27年9月に改正された個人情報保護法による「要配慮個人情報」の取扱いの基本をおさえ、改正・労働安全衛生法に基づく「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針(平30.9月)」、「事業場における労働者の健康情報等の取扱規程を策定するための手引き(平31.3月)」の内容を説明、「健康情報等の取扱規程」のサンプルを提案します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2019/12/24(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「はじめての化学物質管理」
神奈川産業保健総合支援センター
産業保健相談員  石塚 金蔵
化学物質リスクアセスメントによる有害物質管理について、職場ではじめて取り組まれる方を対象に、わかりやすく説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/1/9(木)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「企業における治療と仕事の両立支援~両立支援の進め方と有効な制度と事例」
神奈川産業保健総合支援センター両立支援促進員 池田 広樹・湯澤 理恵
両立支援に関する制度・体制の整備と企業における両立支援の実例について説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/1/21(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「事業場における労働者の健康情報等の取扱規程」
 
神奈川産業保健総合支援センター産業保健相談員 近藤 恵子
本年4月に施行された改正労働安全衛生法等により、労働者の健康情報を適正に管理するための措置が義務化され、国の指針に示された事業者が策定すべき「取扱規程」の内容、策定の方法、運用等及び最新の情報を踏まえて、事業者の状況に応じた取扱規程について説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/1/22(水)
10:00~12:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「産業保健スタッフのための労働安全衛生法 Part1」
神奈川産業保健総合支援センター
産業保健相談員 中山 絹代
産業保健スタッフのためのやさしい労働安全衛生法シリーズ
ー最近のトピックス、労働衛生管理体制、職業性疾病の予防ー
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/1/24(金)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「メンタルヘルス不調者の両立支援~大丈夫、働けます~」
 
一般社団法人 ともに
社会保険労務士
後藤 宏・高橋 健・松山 純子
「当事者の声を聴くことから支援を始める」「早期に3つの社会資源とつながる」「皆が自分ごととしてチームで支援する」「生産性向上をあきらめない」の4つの大切さを説明しながら両立支援の流れを確認し、誰もが働けることを一緒に考えましょう
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/1/28(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「ストレスチェック・職場環境改善計画研修会」(助成金申請手続説明会)
神奈川産業保健総合支援センター
メンタルヘルス対策促進員 岩井 昌江
ストレスチェックの実施計画及び集団分析結果に基づいた職場環境改善計画の策定方法と産業保健関係助成金の申請手続に関する留意点について説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/1/29(水)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「積極的傾聴法」
 
神奈川産業保健総合支援センター
メンタルヘルス対策促進員 横山 美枝子
問題解決の答えは相談者自身が持っています。それを引き出すためには聴き手に確かなスキルが必要です。「すぐに解決策を示してしまい、うまく聴けない」という声をよく耳にします。このセミナーでは、すぐに使える傾聴のテクニックをお教えします。ロールプレイを通して体感してみてください。
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/2/10(月)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「治療と仕事の両立支援~両立支援のためのガイドライン及び両立支援に有効な制度について」
神奈川産業保健総合支援センター両立支援促進員 湯澤 理恵・大塚 重男
平成31年度3月改訂の両立支援のためのガイドライン及び両立支援に有効な制度(助成金を含む)について、事例を交えながら説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/2/27(木)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
・「治療と仕事の両立支援に関する日本キャリア開発協会(JCDA)の活動について」
・「治療と仕事の両立支援-キャリアコンサルタントの役割の重要性について(事例紹介を含む)」
(株)はたらく幸せ研究所代表取締役 JCDA治療と仕事の両立支援促進神奈川県担当CDA 看護師・国家資格キャリアコンサルタント 濱田安岐子
キャンサーキャリア主宰・代表 日本キャリア開発協会 治療と仕事の両立支援推進プロジェクトリーダー 国家資格キャリアコンサルタント 砂川未夏
治療と仕事の両立支援対策を促進していくために、関係機関・団体と連携・協力しながら日本キャリア開発協会(JCDA)が進めている取組みを紹介します。また、キャリアコンサルタントとして実際に行っている両立支援の取組について、実例をまじえながら紹介します。
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/2/28(金)
10:00~12:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「産業保健スタッフのための労働安全衛生法 Part2」
神奈川産業保健総合支援センター
産業保健相談員 中山 絹代
ー健康の保持増進ー
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/3/9(月)
10:00~12:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「健康情報等の適切な取扱いとその対策」
~改正・個人情報保護法(平成27年)の概要、「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針」、「事業場における労働者の健康情報等の取扱規程を策定するための手引」について~
神奈川産業保健総合支援センター
労働衛生専門職 高山 博光
平成27年9月に改正された個人情報保護法による「要配慮個人情報」の取扱いの基本をおさえ、改正・労働安全衛生法に基づく「労働者の心身の状態に関する情報の適正な取扱いのために事業者が講ずべき措置に関する指針(平30.9月)」、「事業場における労働者の健康情報等の取扱規程を策定するための手引き(平31.3月)」の内容を説明、「健康情報等の取扱規程」のサンプルを提案して説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
2020/3/24(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
50
研修テーマ・講師
内容
「治療と仕事の両立支援~両立支援のための社内の体制や制度の整備について~」
神奈川産業保健総合支援センター両立支援促進員 大塚 重男・加藤 修
中小零細規模の企業で取り組む両立支援制度、整備に関する必要な項目を事例を踏まえて説明します。また、事業者にとって有効・有用な助成金制度についても説明します。
4回にわたって産業保健セミナー『健康診断結果の活用シリーズ』」を開催します。
健康診断の結果の見方をはじめ、健康診断の結果から、がん、認知症、脳卒中(脳血管疾患)、糖尿病などの疾病の兆候をどのようにみてとることができるか、どのような危険を見逃してはならないかを説明すると共に、健康診断、さらには 二次健康診断(再検査)、特定健康診査や各種疾病関連の精密検査の重要性、疾病の予防対策の重要性を説明します。産業医の方々だけでなく、産業看護職、衛生管理者、人事・労務担当者など、多くの産業保健スタッフの皆様のご参加をお待ちしております。
こちらに内容一覧を掲載しております。
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
 
〈健康診断結果の活用シリーズ②〉
産業医研修会を兼ねて開催します
2019/12/10(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
25
研修テーマ・講師
内容
「健康診断結果から見えてくる『認知症』の徴候・危険とその予防対策」

神奈川産業保健総合支援センター
産業保健相談員 倉田 達明
高血圧、脂質異常、糖尿病、肥満、喫煙などの生活習慣病因子、うつ傾向、転倒等による頭部外傷、不活動、対人交流の減少などの老年症候群などの因子の影響が認知症・発症の可能性を高めます。認知症・発症にかかわる要因としての”インスリン抵抗性”に着目し、健康診断結果からみてとれる認知症・発症の危険、抗酸化作用の低い食事の摂取や適度な運動など、インスリン抵抗性の改善に向けた「認知症」予防対策について説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
 
〈健康診断結果の活用シリーズ③〉
産業医研修会を兼ねて開催します
2020/1/15(水)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
25
受付終了
研修テーマ・講師
内容
「健康診断結果から見えてくる『脳卒中(脳血管疾患)』の徴候・危険のその予防対策」 

神奈川産業保健総合支援センター
産業保健相談員 倉田 達明
高血圧症には、血管内皮細胞保護を目的とした予防的治療としてのインスリン分泌不全とインスリン抵抗性の診断が重要です(「高血圧治療ガイドライン」)。特定健康診査の結果によるHbA1cの値、高血圧や糖尿病、冠動脈疾患やその家族歴、加齢(男性:45歳以上/女性:55歳以上)や喫煙習慣、低HDL-C血症(40mg/dL未満)などの危険因子の関連からLDC-C/HDL-C比の目標値をいかに診断すべきかなど、健康診断結果からみてとれる脳卒中・発症の徴候・危険とその予防対策について説明します
研修・セミナー名
開催日時
開催場所
定員
研修の申込
産業保健セミナー
 
〈健康診断結果の活用シリーズ④〉
産業医研修会を兼ねて開催します
2020/3/17(火)
14:00~16:00
神奈川産業保健総合支援センター
25
研修テーマ・講師
内容
「健康診断結果から見えてくる『糖尿病』の徴候・危険とその予防対策」 

神奈川産業保健総合支援センター
産業保健相談員 倉田 達明
生活習慣病の病態はインスリン抵抗性(インスリン抵抗性物質が体内で増えて、肝臓や筋肉、脂肪細胞などでインスリンが正常に働かなくなった状態)から始まります。HbA1cが高い状態はインスリン抵抗性があることを意味し、肥満(特に内臓肥満)、高血圧、高トリグリセライド血症(脂肪の一種であるトリグリセライド[中性脂肪]が高くなる病気)、低HDLコレステロール血症(善玉コレステロールが少なくなる病気)による脂肪沈着等はインスリン抵抗性を高め、糖尿病・発症の危険は高まります。血糖値、HbA1cの値、血圧、コレステロール、トリグリセライド(中性脂肪)の健康診断結果からインスリン抵抗性をいかにみてとるか、「糖尿病治療のガイドライン」を踏まえつつ、脂肪沈着の予防など、糖尿病予防対策の重要性について説明します

産業看護職研修

研修テーマ:健康診断結果の効果的な活用
目   的:産業看護職として、必要な知識・技術および実践の場で活用できる能力を習得することを目的とした研修です ※1つのテーマを3日で学ぶコースです
対  象:産業看護職(行政、医療機関の看護職等も含む)
研修名  令和元年度 産業看護職研修              
研修申込
開催場所 神奈川産業保健総合支援センター 定員 30名
日 時 内 容 講 師
1月22日(水)
13:30~16:30
13:30~13:40
オリエンテーション
産業保健専門職 西尾 泉
13:40~14:40
「労働衛生の課題と産保センターの役割」
当センター所長 渡辺 哲
14:40~15:40
「健診検査項目と疾病の理解」
・健康管理区分の考え方、検査結果の見方・考え方
当センター所長 渡辺 哲
15:50~16:30
情報交換
産業保健相談員 高清水 幸美
2月28日(金)
13:30~16:30
 
13:30~14:30
「健康診断結果の活用」
・産業医の立場から企業の事例
産業保健相談員 丹野 優次
14:30~15:30
「健康診断結果の活用」
・産業看護職の立場から企業の事例
富士通(株)健康支援室 室長 岡田 睦美
15:40~16:15
「治療と仕事の両立支援について」
産業保健専門職  西尾 泉
16:15~16:30
「健診業務フロー図の作成演習(次回研修で実施)について」※見本等配布
産業保健相談員 高清水 幸美
3月9日(月)
13:30~16:30
13:30~15:00
「医療職の日常業務における個人情報の取扱い」(質疑応答15~20分含む)
大東文化大学大学院 予防医学教授
杉森 裕樹
15:10~16:30
健診診断のフロー図作成演習・健診結果の効果的な活用について受講者間で情報共有
産業保健相談員 高清水 幸美
TOPへ戻る